水力発電運転保守

MAINTENANCE

発電所運転開始後の操作、巡視、保守などをサポートします。

イメージ

三峰川電力では、自社の小水力発電所だけではなく、パートナー様が運営する小水力発電所につきましても、24時間365日体制で、稼働・監視すると共に、設備の各種点検、メンテナンスを行う「運転保守」の業務を行っています。驚かれるかもしれませんが、各発電所の現場は、基本的には「無人」です。こうした各地の発電所は、長野県伊那市にある、当社の「中央監視室」で常に監視して、一括制御しているのです。各発電所で、トラブルが起きた際や、トラブルが懸念される際は、制御室からのボタン操作一つで、発電所の稼働を停止させたり再開させたりといったコントロールが可能なのです。

例えば、台風が来る場合は、事前に稼働をストップさせます。小水力発電所は、万が一、何らかの事故が起きた場合でも、周辺に与えるリスクが極めて小さいので、こうした管理が可能なのです。プロジェクトの範囲が、全国に拡大していますが、各発電所の地元には、万が一の際に、2時間以内に現場に到着できる「電気主任技術者」を滞在させ、配置。設備の保守・点検や本部との連携を図っています。

サービス内容
SERVICE

【水力発電所の運転保守業務受託】

水力発電所の電気設備およびダム水路設備の運転保守に係る業務

業務内容
  • 遠方監視制御
  • 現地直接運転
  • 巡視およびパトロール
  • 点検(外部点検、内部点検、分解点検)

【運転保守業務の合理化】

運転保守業務に係る経費削減のための諸方策のご提案

業務内容
  • 電気設備およびダム水路設備の監視制御集中化
  • 巡視および点検の効率化
  • 電気設備およびダム水路設備の改修、ならびに修繕工事のコストダウン方策

【業務効率化】

水力発電設備の管理業務効率化方策のご提案

業務内容
  • 業務の標準化
  • 設備データベースの構築
  • 業務処理のコンピュータ化
お問い合わせ
CONTACT

ご質問やご相談を承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。